らぎめも

らぎらぎのノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


wordpress:xampp-upgrade

XAMPPのアップグレード

参考サイト
 How to upgrade XAMPP in Windows? Complete Solution.
 https://medium.com/@asif.rocks/how-to-upgrade-xampp-in-windows-the-easy-way-93031fc923ce

古いデータのバックアップ

  • XAMPPのコントロールパネルを開く
  • Shellオプションをクリック
  mysqldump -u root -p --all-databases > all-db-dump.sql
  • を実行
    rootはユーザー名、パスワードを設定していなければEnter、設定しているなら入力する
    猫のエサ
    xampp フォルダに all-db-dump.sql ができているはず。
  • ApacheとMySQLサーバーを止める。コマンドプロンプトも閉じる。
  • xampp フォルダを xampp-old にリネームする。

mysqldumpでエラーが出る場合:

mysqlcheck -c -u root -p --all-databases
mysqlcheck -r -u root -p --all-databases
mysqlcheck -c -u root -p --all-databases

check → repair → check で全部OKになれば大丈夫。

新しいXAMPPをインストールする

  1. https://sourceforge.net/projects/xampp/files/ から必要なパッケージをダウンロードする。
    たぶん *.VC15-installer.exeだろう)。
  2. xampp フォルダにインストールする。
  3. XAMPPのコントロールパネルを開く
  4. ApacheとMySQLサーバーをスタートし、phpMyAdminページを開いて、動作しているかチェックする。[Admin]
  5. ApacheとMySQLサーバーを止める。
  6. バックアップした xampp-old フォルダから htdocs を、新しい xampp にコピーする。
    ただし、中の dashboardxampp はコピーしない方がいいかも。
  7. xampp\php\php.iniを変更している場合、変更内容を xampp-old\php\php.ini から反映させる。
    例えば、upload_max_filesize, memory_limit, post_max_size の三つ。
    (post_max_size と memory_limit は、upload_max_filesizeより大きくないとならない)。
    extension=intl のコメントを取る。
  8. xampp\phpMyAdmin\libraries\config.default.php を変更している場合も、xampp-old\phpMyAdmin\libraries\config.default.php から反映させる。
    例えば、$cfg[‘ExecTimeLimit’] = 600;
  9. xampp\apache\conf\extra\httpd-ssl.confを変更している場合は、xampp-old\apache\conf\extra\httpd-ssl.conf から反映させる。(オレオレ証明書関係のServerName, SSLCertificateFile, SSLCertificateKeyFile)。
  10. xampp\apache\conf\ の ssl.crt\*.crt と ssl.key\*.key をコピーする。
  11. ApacheとMySQLサーバーをリスタートさせる。
  12. Shellオプションをクリック。
  13. cd mysql/bin を実行
  14. mysqladmin -u root password を実行
    rootのパスワードを入力
  15. MySQLサーバーをリスタートさせる。
  16. xampp\phpMyAdmin\config.inc.php を変更している場合は、xampp-old\phpMyAdmin\config.inc.php から反映させる。
    $cfg['Servers'][$i]['auth_type']
  17. phpMyAdminを開く。[Admin]
  18. インポートタブで all-db-dump.sql をインポートする。
    「インポートは正常に終了しました」で終了するはず。
    (userが重複しているとかエラーが出た場合には、mysqlのuserを削除して再実行してみる)
  19. コマンドラインで mysql_upgrade を実行。
    mysql_upgrade -u root -p
    rootのパスワードを入力
    https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/mysql-upgrade.html

 すべてが正常に動作しているようなら、xampp-oldを削除する。

エラー

19でError 1449 The user specified as a definer ('mariadb.sys'@localhost) does not exit

https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/5041

ダンプファイルから、「/*!50017 DEFINER=`mariadb.sys`@localhost*/」の部分を削除するか、リストア先に存在する権限のあるユーザーに書き換えるとよい。
wordpress/xampp-upgrade.txt · 最終更新: 2020/12/07 by 管理者